YouTuber説明書時々雑記ブログ

YouTubeに関する知識等書いてます!!時々雑記

子供の動画、youtubeのコメント欄は閉鎖すべき?

youtuberの子供がいる親御さんたちが悩むのが、「子供が投稿した動画のコメント欄を閉鎖すべきかどうか」です。まだ小さい子供が動画を投稿することに対して悪いイメージを持っている人も多く、コメント欄を開放していると心ないコメントが飛んでくることは珍しくありません。
 
今回は、子供youtuberはコメント欄を閉鎖すべきなのか考えてみました。

 

どんなコメントが飛んでくる?

f:id:taro0324:20190405192848j:plain



youtubeで飛んでくるコメントには、大きく分けて以下のものがあります。

 

  • 「投稿者のファン」からのコメント。動画のクオリティに関わらず褒めてくれる

  • 動画を気に入ってくれた人からのコメント。今後ファンになる可能性。

  • 動画がつまらなかった人からのコメント。ここから改善点などを探す。

  • 「投稿者のアンチ」からのコメント。誹謗中傷など、動画の内容に関わらず暴言を吐いてくる

 

この中で子供に見せたくないのは「アンチからのコメント」だけです。



アンチコメントを子供に見せるべきか

f:id:taro0324:20190405192957j:plain

 

コンテンツへの批判は子供に見せるべき

 

「この動画つまらなかった」「前のほうがおもしろかった」「この動画、◯◯だから面白くない」など、コンテンツに対しての批判はアンチとは言いません。動画を改善していくための貴重な意見です。多少きつい言い方のコメントであっても、このコメントを見てどう改善していくべきかなどのアドバイスをしてあげるようにしましょう。

 

アンチコメントは見せないほうがいい

 

対して、子供の容姿の批判・暴言や誹謗中傷などのアンチコメントは子供に見せないほうがいいでしょう。とくに容姿は簡単に変えられるものではありませんので、子供の心が深く傷ついてしまう可能性が高いです。

 

コメントを承認制にして親が管理しよう

 

f:id:taro0324:20190405193031j:plain



アンチコメントを子供に見せないようにするためには、コメントを承認制にすればOKです。

コメント承認権を親が持つようにすれば、アンチコメントを子供が見ることはなくなります。

 

しかし、子供がある程度大きくなったらコメントを開放したいとか、自分でコメントを管理したいとか言い出すかもしれません。その際は子供と話し合ってみてください。

 

まとめ

 

コメント欄を完全に閉鎖してしまうと、視聴者同士の交流の場がなくなるので、動画が伸びづらくなってしまいます。そのため、閉鎖ではなくコメント承認制で運用していくのがオススメです。

 

子供が大きくなるまではアンチコメントを見せないようにし、子供が大きくなって自分でコメント運用したいといいだしたら、アンチコメントの怖さ、ただの批判との違いなどを教えてあげましょう。